人間関係

大事な人間関係で誤解されない方法【自分の言いたい事が言えない】

更新日:

こんにちは、まつです。(@matsu_blog

 

今回は「大事な人間関係で誤解されない方法【自分の言いたい事が言えない】」というテーマで書きます。

 

日常生活で人間関係について悩むことは多くありますが、このページを見て少しでも悩みが解消できればと思うので参考にしていただきたいと思います。

 

自分の言いたい事を言えるようにする

言いたい事を言うのは対人関係のプレッシャー

日常の中で、言いたい事がなかなか口に出せない場面がよくあるのではないでしょうか。

 

親や兄弟または親友など何でも言える相手がいても、会社の上司や取引先のような仕事関係の人など言いたい事が言えない人も多いと思います。

 

または結婚相手である旦那や妻、もしくは彼氏彼女でも言いたい事が言えないという状況があるように、ほとんどの人たちがこのようなことを感じています。

 

言いたい事を言えるようにする方法

言いたい事の話をする事前に、自分が知っている知識、自分の性格、過去の経験談など言いたい事で自分に関する事を紙に書き出します。

 

自分の知識や経験からは何もないという人は、少し勉強して役に立ちそうなことを書き出します。これを事前に5分間実行するだけで大きな効果を得ることができます。

 

これで自分の言いたい事が言えるようになり、相手との交渉力がアップして、説得力のある会話ができるようにつながっていきます。

 

人間関係で誤解されないためのポイント

人のことは理解できないもの

人は自分が思うよりも他人の事が理解できてなく、他人からも理解してもらえていません。人は基本的に誤解されやすいのです。

 

相手の考えている事はわからないのに、自分の考えている事は簡単に相手に伝わると思っていることが、誤解を招くことにつながっています。

 

相手に誤解されないための方法

相手が間違った認識をする前に情報を伝える

相手はこの人はどんな人なのか勝手にイメージするので、その前にできるだけ明確な情報を伝えたほうがいいです。その情報は、自分の性格や趣味、仕事など相手が自分の事をわかりやすく認識できる内容かどうかが大切です。

相手に自分の情報を正しく理解してもらう

自分の伝えたい事を言っても相手はあまり聞いていないので、相手がしっかりリアクションを取っているか、そして間違いなく理解しているか確認しましょう。

 

円滑な人間関係を築こう

自分の言いたい事はうまく相手に伝わりにくいし、人の事は理解しにくいため、人間関係において誤解されることは多くあります。

 

そして人は面識が少ない相手には警戒心を持つため、自分はあまり好かれていないのではないかと感じます。しかし相手は自分のことを正しく理解していなく、自分が思っているほど嫌われていないです。

 

自分の言いたい事を相手にしっかり伝え、そして相手に誤解されないように正しい情報を伝えて円滑な人間関係を築いていきましょう。

 

 

それでは、本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-人間関係

Copyright© MATSUBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.