働き方 株式投資

個人投資家として成功するために【専業投資家を目指そう】

更新日:

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は office-925806_1920-1-1024x683.jpg です

こんにちは、まつです。(@matsu_blog

 

今回は「個人投資家として成功するために【専業投資家を目指そう】」というテーマで書きます。

 

時間が自由でお金の心配がない夢のような生活は誰もが憧れると思いますが、専業投資家になればこの生活が近くなります。

 

このページでは専業投資家の魅力や成功する方法について書いていますので、参考にしていただければと思います。

 

専業投資家はどのような生活を送っているのか

専業投資家は投資で生計を立てている人です。会社経営者や会社員、個人事業主など仕事をしながら投資をしている人は兼業投資家といいます。

専業投資家の1日の流れ

8:00~9:00 

  • 起床してゆっくりと朝食
  • 経済動向や株式市場をネットでチェック

9:00~11:30

  • 前場スタート後は値動きが激しく忙しい時間帯
  • 10時以降は落ち着いている

11:30~12:30

  • 株式市場は昼休憩なのでランチタイム

12:30~15:00

  • 後場スタート コーヒータイム
  • 後場終了の15時までにその日の株売買を決済

15:00以降

  • 自由時間

 

専業投資家の生活

上記の流れを見たらわかるように、1日のほとんどの時間を自由に使えます。朝起きるのも夜寝るのもいつでも大丈夫です。TwitterやYouTubeまたは読書をしながら過ごせます。

 

そして出社する必要がないので通勤のストレスが全くなく、家でくつろぎながらの作業です。パソコン環境だけあれば何でもできるので、気分転換にカフェに行って作業することも可能です。

 

株式市場は月曜から金曜までなので土日祝日は完全にフリーです。旅行に行ったり、映画やイベントに行ったり、トレーニングや勉強に自己投資したりなど、毎週自分の興味あることに時間を費やすことができます。

 

投資家の最大の魅力とは

老後の蓄えなど将来に不安を感じている人は多くいますが、会社の給与所得だけで安心できる資産を確保するのは困難です。そのため収入を増やすために投資で資産運用を行なう個人投資家が年々増加しています。

 

有意義な時間を確保できる事ともうひとつ最も大きな投資家の魅力は、大きな資産を築ける可能性があることです。

 

資金が少ないうちは収益がでないことがありますが、ある程度の余裕資金ができると運用次第では高額の収益が獲得できるようになります。

 

専業投資家として成功するために

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は idea-3083106_1920-1024x681.jpg です

兼業でも資産を築いている投資家は多くいます。投資を始める際はまずは兼業投資家としてスタートして、投資の知識や経験を積み重ねるのが望ましいです。

 

投資で億を超える資産を築く人がいるように、資産が一気に吹き飛んで一発退場になるほどの損失を出す人もいます。投資家として生き残れるためには最低限の技術を身に付けなければいけません。

 

専業投資家は投資の収益だけで生活するので、投資資金以外の余裕資金を確保しておく事と毎月の生活費は最低限稼ぐ必要があります。この状態を継続できれば専業投資家としての道が開けてきます。

 

 

投資家として成功するためのメンタルについて書いた記事はこちらです。

投資家として成功するためのメンタルを身につける方法

 

それでは、本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-働き方, 株式投資

Copyright© MATSUBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.