人間関係 働き方

上司に嫌われる意外な理由【会社で評価されない人に】

投稿日:

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は business-1031754_1280-1-1024x678.jpg です

こんにちは、まつです。(@matsu_blog

 

どんなに仕事を頑張っても認められなくて、上司に評価されていないと感じることがあるかと思います。

 

今回は「上司に嫌われる意外な理由【会社で評価されない人に】」というテーマで書くので、参考にしていただければと思います。

 

上司に嫌われる意外な理由

なぜ仕事を頑張っているのに上司に嫌われる

上司は仕事ができない人はもちろん嫌う傾向がありますが、それだけではなく他に大きな理由があります。

 

仕事を頑張っているのになぜか上司から評価されなかったり、冷たく扱われたりする人がいます。逆に仕事をそんなにやっているわけでもないのに上司から気に入られている人もいます。

 

それは上司と接しているときにどのような印象を与えているかが、上司からの扱いに大きく影響してきます。

 

もし上司に悪い印象を与えているなら、いくら仕事を頑張って成果を上げても認められず不当な扱いを受けてしまいます。

 

上司から嫌われやすいタイプ

上司に好かれるためにわざわざ対応に気を遣うのは面倒ですが、どのような人を嫌うのかは理解して気を付けたいところです。

 

そして上司が嫌うタイプは、能力が高くて愛想がない人です。

 

仕事も何でもできて可愛げがない人は、上司からするとムカつきます。特にアホな上司は徹底的に嫌ってきます。

 

もし会社で仕事を頑張って正当な評価をされたいのであれば、冷たい人だと思われないように対応する必要があります。

 

人としての温かみが重要

多くの人は上司に認めてもらうために、自分の能力を示そうとアピールしたりゴマをすったりしてしまいます。

 

しかし有能さを示してしまうと能力は高いけど冷たい人間だと思われ、いくら頑張っても評価されずに目の敵にされてしまいます。

 

冷たい人ではなく温かみのある人だという印象を持ってもらうには、相手に安心感を抱かれることが大切です。これは他人に悪いことをするような人ではなく、正しい行動がきちんとできて正直な人間だと思われることです。

 

表面的に取り繕っているだけだと見抜かれてしまい、何事もうまくいきません。他人への親切や道徳的な行動が自然とできるように、本当に温かみのある人になりたいものです。

 

 

それでは、本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-人間関係, 働き方

Copyright© MATSUBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.